大坊さんのワークショップ2018/01/20 21:06:18

大坊さんのワークショップ


今日は以前より愉しみにしていた大坊さんの手廻し焙煎ワークショップに参加した。

定員5名と限られた枠なので、今回参加出来てラッキーでした。

参加者の中には、遠方から焙煎機持参で新幹線で来られている方もいらっしゃったりして皆さんの熱意にはホント頭が下がります。

ワークショップの内容は、

 ① 大坊さんによる焙煎のお話
 ② 大坊さんによる焙煎の実演
 ③ 大坊さんによる抽出とテイスティング
 ④ 参加者による焙煎
 ⑤ 大坊さんによる抽出とテイスティング

と、贅沢な構成になっていて、①の大坊さんの焙煎の考え方は長年の経験から編み出された技なんだろうなとそこに至る過程を考えさせられました。素人が、それをそのままなぞっても仕方ない事なので、ひとつの取り組み方(考え方)として取り入れるのが良いだろうと自分なりに考えました。

④は、5名の参加者が一斉に焙煎を開始、そのうち煙がモクモク立ち込めてきます。火加減は、各人バラバラで、焼き上がりも皆バラバラです。私は、4番目に火から降ろしましたが、一番浅煎りでした。(一般的な浅煎りよりは深いです。)

皆が焼き終わり、煎りの深さ順に並べて浅煎りの豆から順に大坊さんが抽出してくれて皆でテイスティングして感想を述べ合います。

私のコーヒーは、大坊さんのお話を聞いたからか、いつもより香り豊かな感じに仕上がりました。

今日のワークショップを受講してここ数ヶ月試行錯誤を繰り返しながらおこなっていた手廻し焙煎に自身の方向性が見えたような気がします。

とても愉しく有意義なワークショップで受講出来てホント良かった。

これからも自分が愉しめるコーヒーが焼けるよう精進したいと思います。

ハンドピック始め2018/01/04 16:36:50

ハンドピック始め


お正月休み最終日の今日は、朝からハンドピック。

年末に届いた生豆12kgを午後まで掛かってハンドピック。

ウチのハンドピック職人もかなり手馴れてきて、産地による欠点豆の傾向などを呟き乍らひたすら選別。

コレで暫くは、ハンドピック作業をスキップして焙煎に専念できそう。

問題は焙煎。 直火の手廻し焙煎機は、中々手強くて思うように煎れるまでの道のりは遠そう。

まぁ、簡単に出来ないから面白いって事でもあるんだけど、それにしても出来なさ過ぎだろ俺…

森彦本店2017/11/26 23:50:28

森彦本店


雪の降る中、初めて円山の森彦本店(http://morihiko-coffee.com/)に行ってみた。

狭い店内に六組ほどの客が待っている。時間はあるし、外は寒いので、とにかく待つ事に。

数十分ほど待たされて二階席に通され暫くするとオーダーしたフレンチブレンドとガトーフロマージュが出てきた。

ネルで淹れた角の取れた深煎りのコクとガトーフロマージュはとても相性が良く正解のチョイス。

いわゆる酸味のある浅煎りのサードウェーブよりも断然好き。昭和だからか?

手廻しロースターで初焙煎2017/11/19 23:44:37

手廻しロースターで初焙煎


今日は天気も良いので、例の手廻しロースターで初焙煎。

やっぱ風防が必要だな。

第3倉庫 Coffee Roasters(金沢)2017/11/14 19:14:57

第3倉庫 Coffee Roasters(金沢)


昼間次のアポまで少し時間が空いたので、コーヒーでも飲みながらメールでも捌くかということで、取引先の人と営業車で向かった。

第3倉庫 Coffee Roasters(https://www.dai3-souko.com/

車でないと行きにくいチョッと不便なところにあるので、観光客も沢山訪れる訳でもなくとても静かで心地よいスペースです。

天井の高いお店の中に小さい自動車が置いてあったり、アンティークの家具や書籍やオーディオショーなどでしか見たこと無いようなオーディオシステムが置いてあったりと中々のお店です。

肝心のコーヒーも中々美味しく頂けて満足です。種類の異なる焙煎した豆が、焙煎の深さ順に並んでてテイストに関するメモと焙煎された豆を見てオーダー出来るようになっています。最近流行りの浅煎りの酸味が強いテイストが苦手な私は、最深煎りを選択し正解でした。

金沢の定番スポットになりそうな予感。