ヨコハマトリエンナーレ2017 - 島と星座とガラパゴス2017/08/14 23:30:08

ヨコハマトリエンナーレ2017 - 島と星座とガラパゴス

毎度愉しみにしている三年に一度開催されるヨコハマトリエンナーレ2017(http://www.yokohamatriennale.jp/2017/)に雨模様の中行ってきた。

会場が三か所に分かれていたのだが、会場周辺でポケモンのイベントをやっていて物凄いひとごみで参った。

開港記念館→赤レンガ→横浜美術館の順に一日掛りで巡る。

開港記念館の地下に展示された柳幸典の作品は、会場の雰囲気も相まってかとても良い雰囲気でした。

赤レンガのラグナル・キャルタンソンのビデオ作品「ザ・ビジターズ」は中々面白かった。知らなかったアーティストの良作と出会えるのもこういう展覧会の面白いところだ。

横浜美術館のザオ・ザオのプロジェクト・タクラマカンに期待していたものの展示が期待していたのとチョッと違って残念。

第一回から観てるけど年々尖がった感じの作品が少なくなっているのは非常に残念。

個人的には、トリエンナーレに期待するところは美術館の企画展では扱えない/扱う事が難しい作品やアーティストを積極的に紹介してもらいたいと思う。

友人と一緒に2017/08/13 23:56:06

友人と一緒に

今夜は、音楽関係の友人と一緒にいつものお店へ。

最近お店が忙しいので、大好きな川エビのから揚げやうざくやう巻きなどのサイドメニューを夏場は止めてうなぎのみにしたとの事。

そういう感じだと飲み会には向かないかなと思いましたが、ちゃんと予約時にこの辺りのサイドメニューは事前に注文しておけば、そんなに混んでなければ作ってくれるとの事だったので、次回からはチャンと予約時に伝えようと思う。

まぁ、お重は安定の旨さなので、店は簡単に変えられない。

開館ラッシュ2017/08/13 17:30:50



最近近所が文化的に。

以前より外国人の居住が多い事で知られる新宿区なので、様々な国々の文化が混然一体となってはいるが、自国の文化発信も怠らないのです。

来月開館予定の漱石山房記念館(http://soseki-museum.jp/)。

夏目漱石の地元らしく新宿区営の記念館だ。



更に草間彌生美術館(http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2017/08/yayoikusama-museum-tokyo.html)が再来月開館予定だ。コチラは、私設かな。

隣町在住の草間さんの美術館がこんなに近所にあるなんて中々面白い事になりそうな予感。


茅ヶ崎でIre Ireのイベント2017/08/12 23:36:48

茅ヶ崎でIre Ireのイベント


茅ヶ崎の海水浴場の隣のイベントスペースでIre Ireのイベント。

どこで演るのかと思いきや国道に面したエントランスで演っちゃいます。

救急車や長ーいマフラー付けたバイクがブンブンいって走り回る国道とサンテリア。

中々体験できないイベントではありました。

Sukurappu ando Birudoプロジェクト 道が拓ける(高円寺 キタコレビル)2017/08/10 17:50:27

Sukurappu ando Birudoプロジェクト 道が拓ける(高円寺 キタコレビル)


今日は暑い中、高円寺のキタコレビルで開催中のChim↑Pomの「Sukurappu ando Birudoプロジェクト 道が拓ける」(http://chimpomparty.com/exhibition/)を観に行った。

昨年の歌舞伎町の「また明日もみてくれるかな?」(http://ron.asablo.jp/blog/2016/10/16/8230554)の続編?となる展覧会?

70年にわたり高円寺に佇むキタコレビル。霊能者の施設、風俗施設、バー、アパレル関連など多種多様な入居者によって趣くままに増改築が行われ弄られ放題の建屋と化した一種異様なバラックのような会場でおこなわれる今回の展覧会。「また明日もみてくれるかな?」に続き好き放題にやりたいことをやる姿勢に揺るぎのないChim↑Pomの表現が清々しいです。

やはり目が離せませんね。

Chim↑Pom

次なる展開も愉しみにしています。