UKAWA NAOHIRO - A Series of Interpreted Catharsis episode2 - earthquake (渋谷 NANZUKA UNDERGROUND)2007/05/05 22:45:02

NANZUKA UNDERGROUND


久々のブログ、その訳は、GWの前半ネコが風邪ひいたみたいで、獣医に連日連れて行ったりしているとアッという間に過ぎ去り、後半は人間の私が風邪をひいたみたいで家でゆっくりしていましたが、今日はこどもの日、しかも天気も良かったので久々に外へ出ることにした。

出かけたのは、渋谷で現代美術を扱うギャラリー「NANZUKA UNDERGROUND(http://www.nug.jp/)」で開催中の宇川直宏氏の展覧会「A Series of Interpreted Catharsis episode2 - earthquake」です。

宇川氏は、大学教授でありながら自らをメディアレイピストとアイロニカルに称し、現代美術作家としてのみならず、デザイナー、アートディレクター、映像作家、VJ、オーガナイザー、サウンドシステムオーナー、文筆家、キュレーターと、様々な顔を持つ多彩な表現者です。

今回の展覧会は、写真、立体、映像からなる作品群で、サンフランシスコと阪神・淡路の二つの地震を取り上げ、筑波の地震研究所で両地震の震度や継続時間などを再現させ、自然災害が発生する瞬間を写真、立体(地震で壊れた物をアクリル樹脂で固めた作品)、映像記録として展示しています。

ドキュメンタリーにより近い環境でシミュレーションすることによって、リアルさが増し、現実に起きた事が、あまりにも非現実的であった事を改めて意識させられる作品群です。

わからない事が、恐怖であることを再認識させられる展覧会でした。
やっぱり現代美術ってのは、コンセプトが命ですね。

デッキブラシ2007/05/06 09:34:43

デッキブラシ


昨夜から生憎の雨模様。

雨も上がったようなので、バルコニーに出て見ると、物置に掛けてあったデッキブラシの柄からブラシ部分が取れていた。

なんとなくシュールなGWの最終日でした。

窓枠で拗ねる2007/05/12 22:55:26

窓枠で拗ねる


最近暖かくなってきて奴もダウンジャケットの冬用寝床に寝なくなったので片付ける事にした。

自分の寝床が無くなって拗ねたのか是見よがしに窓枠に寝そべる。

どうせ寝ないんだから片付けてもいいだろう。

たつみや(東京 神楽坂)2007/05/12 23:25:36

たつみや(東京 神楽坂)


夕方ふと鰻が食べたくなって前から行こうと思っていた神楽坂の「たつみや」に散歩がてら行ってみた。この店は、作家が集う店らしく直木賞の発表をここで待つ作家が過去に何人かいたそうです。

二十数席程度のお店は、結構入っていて座敷のテーブル席しか空いていなかったので、そこに陣取る。

とりあえずビールの小瓶と肝焼きをオーダー。新聞を読みながら待っていると出てきました。肝は、タレに充分くぐらせてあり濃い目の味付けで、ビールのあてには良いが、味が濃過ぎる。生粋の東京人にはこれでいいのだろう。

で、肝心のうな重が登場。お新香と肝吸いも続いて登場。
うなぎは、焼き方だと思うが、脂が充分に落ちていなく(落としていないのだと思います。)少し脂っぽい印象。タレは、少し甘めのサラッとした切れの良い感じで後味はよいと思います。ごはんは、普通ですが、量が若干多いように思います。(ごはんを少し残しました。)

お新香は、最初から醤油がかけてあって好きになれません。肝吸いも少し味が濃いかな。

ということで、普通のうなぎ屋さんでした。

同じ事もある2007/05/13 19:45:20

Afro Cuban Jazz Project


久しぶりにレコード屋に出向いたらAfro Cuban Jazz Projectの新譜らしきものがあったので、ジャケット買いしたら既に持っているアルバムとジャケットが異なるが内容は同じものでした。たまには、こういうこともあるんです。ちなみに写真右側が今日買ったヤツです。3曲目のRumbataがいいんだよなぁ、ってそういう問題ではないな。反省。

アマゾンで検索したらもう一枚別ジャケバージョン(http://www.amazon.co.jp/Descarga-Uno-Afro-Cuban-Project/dp/B00000K0UV/ref=sr_1_1/250-7668919-2109034?ie=UTF8&s=music&qid=1179052756&sr=1-1)があるようだ。

恐るべしAfro Cuban Jazz Project。内容は、中々いいですよ。